2004年06月03日

歌とは何か

紀貫之870-945
kino tsurayuki

「最も有名な詩論」
(古今和歌集仮名序)

「やまと歌は人の心をたねとして、
よろづの言(こと)の葉とぞなれりける。
世の中にある人ことわざしげきものなれば、
心に思ふことを、見るもの聞くものにつけて、
いひいだせるなり。花に鳴くうぐいす、水に
住むかはづの声を聞けば、生きとし生ける
もの、いづれか歌を詠まざりける。
力をも入れずして、あめつちを動かし、
目に見えぬ鬼神をもあわれと思わせ、
男女のなかをもやはらげ、猛きもののふの
心をもなぐさむるは、歌なり。」


古今和歌集

panse280
posted at 09:58

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字