2004年05月26日

黒木舜平は太宰治


黒木舜平(太宰治)
shunpei kuroki

太宰治に黒木舜平というペンネームで
書いた作品があったとは知らなかった。

「断崖の錯覚」の書き出しを紹介

http://www.aozora.gr.jp/index_pages
/person974.html
(青空文庫)


「その頃の私は、大作家になりたくて、大作家になる
ためには、たとえどのようなつらい修業でも、またど
のような大きい犠牲でも、それを忍びおおせなくては
ならぬと決心していた。大作家になるには、筆の修業
よりも、人間としての修業をまずして置かなくてはかな
うまい、と私は考えた。恋愛はもとより、ひとの細君を
盗むことや、一夜で百円もの遊びをすることや、牢屋へ
はいることや、それから株を買って千円もうけたり、
一万円損したりすることや、人を殺すことや、すべて
どんな経験でもひととおりはして置かねばいい作家に
なれぬものと信じていた。けれども生れつき臆病では
にかみやの私は、そのような経験をなにひとつ持たな
かった。しようと決心はしていても、私にはとても出来ぬ
のだった。十銭のコーヒーを飲みつつ、喫茶店の少女を
ちらちら盗み見するのにさえ、私は決死の努力を払った。」


panse280
posted at 21:26

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字