2004年05月25日

太宰治

太宰治1909-1948
osamu dazai

「八十八夜」

小説の”書き出し”は大切です。
太宰治は、”書き出し”の名手だと
思う。

例えば、「八十八夜」の書き出しは、
以下のようになる。

「笠井一(はじめ)さんは、作家である。
ひどく貧乏である。このごろ、ずいぶん
努力して通俗小説を書いている。
けれども、ちっとも、ゆたかにならない。
くるしい。もがきあがいて、そのうちに、
呆けてしまった。いまは、何も、わからない。
いや、笠井さんの場合、何もわからないと、
そう言ってしまっても、ウソなのである。
ひとつ、わかっている。一寸さきは闇だと
いうことだけが、わかっている。・・・・・」


太宰治全集〈3〉


panse280
posted at 10:42

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字