2004年09月18日

観客、それが問題だ

マルセル・デュシャン1887-1968
Henri Robert Marcel DUCHAMP

「観客、それが問題だ」

芸術家というは、結局は、観客によって
つくられる。いつの時代でも、天才のそ
ばには、少なからずの天才がいて、なに
よりも良い観客がいた。


「美的結果には二つの極があります。
一つは、生産する芸術家で、あと一つは、
観客です。芸術家は、自分が何をつくる
のか、なぜつくるのか、いかにつくるの
かを、そして作品の内在的価値を完全に
意識していると思いたいのです。そんな
ことを、私(デュシャン)はまったく信
じません。タブローは芸術家に劣らず見
る人によってもつくられると本心からそ
う思っています。」

「世界中で最も偉大な芸術家が砂漠にあ
るいは住民のいない土地にいると想定し
てご覧なさい。芸術なんてないでしょう
ね、それを見るための人がいないのです
から。芸術作品は、そのものとして認め
られるためには見られなければならない
のです。ですから、見る人、観客は、芸
術現象では芸術に劣らず重要なのです。」


panse280
posted at 09:07

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字