2004年08月16日

文武両道の文体とは

三島由紀夫1925-1970
yukio mishima

「太陽と鉄」


三島氏が割腹自殺をとげたとき、ある外国
メディアは、ヘミングウェイと比較した。
両者の共通項は「文武両道」である。
「「文武両道」には・・・死の原理の最終
的な破綻と、生の原理の最終的な破綻とを、
一身に擁して自若としていなければならぬ。」

永遠に調和することのない「文武両道」に
生きた彼等の文体は、簡素と格式である。
”武家屋敷の玄関の式台のような文体”は
それだけで、背筋を伸ばし、死への覚悟に
私を駆り立てる。

太陽と鉄

<文体>
「私は単に機能的な文体というものを、
単に感覚的な文体と同様に愛さなかった。」

「私は何よりも格式を重んじ、冬の日の
武家屋敷の玄関の式台のような文体を好
んだのである。」

「私の文体はつねに軍人のように胸を張って
いた。そして、背をかがめたり、身を斜めに
したり、膝を曲げたり、甚だしいのは腰を振
ったりしている他人の文体を軽蔑した。
姿勢を崩さなければ見えない真実がこの世に
はあることを、私とて知らぬではない。
しかしそれは他人に委せておけばすむことだ
った。」


panse280
posted at 23:07

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字