2021年02月27日

達磨禅

「坐禅の精神」(2)

古田紹欽 furuta syoukin 1911-2001
1986 3.20 第7刷発行  (講談新書)

<達磨禅>
「禅は「不立文字・教外別伝・直指人心・
見性成仏」である。インドから中国にわたり
4世紀末から5世紀に達磨がきて中国に広まっ
た。禅といえば達磨禅である。達磨はボケッ
として「面壁九年」坐っていたわけではない。
坐禅は智慧が働いていなければならない。
精神がきりっとして、物を見るのに明晰で
なくてはならない。行動も放逸であっては
ならない。」

panse280
posted at 02:14

コメントする

名前
 
  絵文字