2021年01月18日

根源的な無知

「新解釈現代語訳 法華経」(11)」

石原慎太郎 ishihara sintarou 1932-

2020 9.20 第6刷発行  (幻冬舎)

<根源的な無知>
「無明、すなわち根源的な無知は、行、すなわち
形成の働きの存在条件、つまり縁なのだ。行は
対象の認識作用の存在条件である。」

舎利弗は龍女にいいました。「お前は仏道を体得
したと思っているようだが、女性の身は汚れてお
り、教えを受ける器ではない。」

「女性の身には五つの障りがある。一には梵天王
になれない。二 帝釈 三 魔王 四 輪転聖王
にもなれないし、仏身にもなれない。」

panse280
posted at 00:06

コメントする

名前
 
  絵文字