2021年01月11日

法華経の中で、最も重要な一章

「新解釈現代語訳 法華経」(4)」

石原慎太郎 ishihara sintarou 1932-

2020 9.20 第6刷発行  (幻冬舎)

<如来寿量品」>
「私(石原)はかって法華経の大導師である
霊友会の小谷喜美会長に「法華経の章でどこ
が一番好きか」を聞かれたことがあり、私は
「第15です。」と答えたら、褒められたのを
覚えています。そしてこれに続く「如来寿量
品」は法華経の中で、最も重要な一章だと
思います。」

panse280
posted at 01:18

コメントする

名前
 
  絵文字