2020年09月03日

「東京裁判」は高度の隠蔽作戦

「大東亜戦争とは」(6)


<「東京裁判」は高度の隠蔽作戦>
「「東京裁判」では、数百年にわたる、白人
の悪行をすべてを日本人になすりつけた。
日本人の悪者像を造るために、「南京大虐殺」
など、かってに戦争犯罪を捏造して、日本人に
罪をかぶせた。イギリスやアメリカの悪行は、
中国やロシアにもまけない。だから日本人の
善行は理解出来ない。そこで日本人にかぶせた
悪行は白人の創作になった。

東條英機の発禁になった書(渡部昇一解説)に
「日本は断じて、侵略戦争はやっていない。」
と書かれている。

panse280
posted at 02:54

コメントする

名前
 
  絵文字