2020年07月02日

世界の日本ファン

「大東亜戦争の正体」(37)
清水馨八郎  1919-
shimizu keihatirou

2011.7 25 初版第1刷発行(祥伝社)

<世界の日本ファン>
「常に他人を疑い、闘争と憎悪のうずまくのがあたり前
の国から日本へ来て、こんな世界が世界に残っていたの
かと、その平和で優美な安心の国・日本の本質を見極め
ようと、強く日本を恋慕した人、それはポルトガル人の
エラモス。徳島に「エラモス館」がある。」

「私はこのような国が世界の一カ所ぐらいなくてはなら
ないと考えていた。」アインシュタイン

「この伊勢神宮で、私はすべての宗教の根源的な統一を
感じた。」アーノルド・トインビー

「私が決して亡ぼされないように願う一つの民族がある。
それは日本民族だ。」ポール・クローデル

「絶海の孤島の漁師でもいい。山間僻地の百姓でもいい。
私は日本人になって、天皇陛下にお仕えしたい。」
ウェスト法学博士

「絶海の孤島の漁師でもいい。山間僻地の百姓でもいい。
私は日本人になって、天皇陛下にお仕えしたい。」
ウェスト法学博士

panse280
posted at 04:17

コメントする

名前
 
  絵文字