2020年01月15日

16世紀の中国

「世界はなぜ最後には中国・韓国に呆れ
日本に憧れるのか」(18)
黄文雄   kou bunyu  1938-

2016.8 30 2刷発行(徳間書店)

<16世紀の中国>
「おしなべて商人は欺瞞が多く嘘つきである。
商品に出来る限りいんちきを施すことにこれ
努め、そうして買い手を欺く。このような悪事
を習慣としてきたため、彼等にはそうするこ
とで疼くような良心はない。」(クルス「中国誌」)

panse280
posted at 03:37

コメントする

名前
 
  絵文字