2019年10月22日

風呂を出る

「吾輩は猫である」(62)

夏目漱石  natume souseki 1867-1916

2009.9 15 110刷発行(新潮文庫)

(日本語の表現を探して)

<風呂を出る>
「今主人が踏んでいる所は敷居である。流しと板の
間の境にある敷居の上であって、当人はこれから歓
言愉色、円転滑脱の世界に逆戻りをしようと云う間
際である。」

panse280
posted at 02:39

コメントする

名前
 
  絵文字