2019年07月16日

金持ちの生活

「幸福について」(3)
ショーペンハウアー  Schopenhauer 1788-1860

2007.2 25 45刷発行(新潮文庫)

<金持ちの生活>
有り余る富はわれわれの幸福にはほとんど
何の寄与するところがない。金持ちには不幸
な人が多いのも事実である。
なぜ不幸なのか?彼らには精神的な教養がなく、
知識もなく、精神的な仕事をする興味も持ち
合わせていないからだ。彼らは欲望を満足させ
る以外に、富によってなすことがない。むしろ
大きな財産の維持のため幸福感がそこなわれて
いる。こんな状況なのに、人は富を積む努力の
ために千万倍の努力を捧げている。
最も高尚で最も変化に富み最も持続的な享楽は
精神的な享楽であるのに。

panse280
posted at 03:55

コメントする

名前
 
  絵文字