2019年07月15日

智者と愚者の幸福

「幸福について」(2)
ショーペンハウアー  Schopenhauer 1788-1860

2007.2 25 45刷発行(新潮文庫)

<智者と愚者の幸福>
健康は財宝にまさるから、健康な乞食は
病める国王よりも幸福である。
知恵のある人間ならば、一人になっても
自分の思想や想像に慰められるが、愚鈍
な人間は、社交、芝居、旅、娯楽といそ
がしくても退屈で死ぬほどつらい。
知恵ある人は、貧弱な環境も満足できるが
貪欲な人は巨万の富でも満足しない。

panse280
posted at 02:58

コメントする

名前
 
  絵文字