2019年07月14日

幸福について

「幸福について」(1)
ショーペンハウアー  Schopenhauer 1788-1860

2007.2 25 45刷発行(新潮文庫)

<幸福について>
幸福な生活とは、生きていないよりは断然
ましだと言えるような生活のことである。

また頭脳次第で、世界は貧弱で味気なくつまら
なぬものにもなれば、豊かでおもしろく味わい
深いものにもなる。
人は意識の中だけで生きているにすぎない。

「平民も奴隷も征服者も 本音をはかせりゃ、
昔も今も、人と生まれて最大の幸福は
人柄に帰すると言っている。」(ゲーテ詩集)

panse280
posted at 04:37

コメントする

名前
 
  絵文字