2019年07月13日

毎朝死を思え

「葉隠入門」(13)
三島由紀夫  misima yukio 1925-1970

2011.4 20 49刷発行(新潮文庫)

<毎朝死を思え>
朝ごとに心身をしずめ、弓、鉄砲、槍、
あるいは刀で切り裂かれ、大浪にまかれ、
大火の中に飛び込み、雷に打たれ、大地震
にあい、高い崖から落ちたり、病死、頓死
などといった、さまざまな死にざま、末期
のことを考え、毎朝、ゆるみなく、死んで
おくべきである。

panse280
posted at 03:49

コメントする

名前
 
  絵文字