2019年06月29日

禅と自由

「禅学入門」(3)
鈴木大拙  suzuki daisetu 1870-1966

2004.7 10 1刷発行(講談社学術文庫)

<禅と自由>
禅は不純を嫌う。人生は芸術である。
そこには一点努力の跡、あるいは労苦の
感情があってはならない。禅は鳥が飛ぶ
ように、魚が水を泳ぐように生活しなけれ
ばならない。努力の跡が現れるや否や、人は
自由を失う。彼は本来の生活を営んでいない。
彼は境遇の圧迫を受けている。何物かの制圧
を感じている。そしてついに自分の独立を
失うに到る。

「禅学入門」(3)
鈴木大拙  suzuki daisetu 1870-1966

2004.7 10 1刷発行(講談社学術文庫)

<禅と自由>
禅は不純を嫌う。人生は芸術である。
そこには一点努力の跡、あるいは労苦の
感情があってはならない。禅は鳥が飛ぶ
ように、魚が水を泳ぐように生活しなけれ
ばならない。努力の跡が現れるや否や、人は
自由を失う。彼は本来の生活を営んでいない。
彼は境遇の圧迫を受けている。何物かの制圧
を感じている。そしてついに自分の独立を
失うに到る。

panse280
posted at 04:33

コメントする

名前
 
  絵文字