2019年03月29日

日本は「名前を奪った」という誤解

「今こそ、韓国に謝ろう」(10)
 そして「さらば」と言おう
百田尚樹  1956-
naoki hyakuta
2019.3.22 第1刷発行(飛鳥新社)

<日本は「名前を奪った」という誤解>
併合前の朝鮮には姓がない人々が大勢いました。
日本は戸籍を作り、彼らに姓を与えました。
伝統的に名前を持たない女性にも姓を与えました。
このとき、おおくの人は、特権階級に多かった
「金」「朴」「李」という名前にした人が多く、
この三つで45%を占める結果になりました。
また、日本名を名乗ることは禁止しましたが、
それでも名乗る人があとを断ちませんでした。
中には裁判所の許可を得て、正式に日本風の
名前に変えた人もいました。

panse280
posted at 03:46

コメントする

名前
 
  絵文字