2019年02月23日

鎌倉以前の人たちの霊性

「美と宗教の発見」(4)

梅原猛  1925-2019
takeshi umehara

2018.3.30 第13刷発行(筑摩書房)

<鎌倉以前の人たちの霊性>
昭和19年大東亜戦争たけなわの頃、鈴木は
「日本的霊性」を書いた。鎌倉時代に禅と
浄土教において霊性は目覚めたとした。
しかし筆者は、聖徳太子、行基、空海、最澄
などが目覚めていないとはおかしい、と
批判した。

panse280
posted at 04:46

コメントする

名前
 
  絵文字