2019年02月20日

梅原猛 

「美と宗教の発見」(1)

梅原猛  1925-2019
takeshi umehara

2018.3.30 第13刷発行(筑摩書房)

<この本について>
真に創造的な仕事は自国の伝統に沈潜する
ことである。との思いで筆者の日本文化に
関する論文を集めたのが本書である。

われわれの祖先は美という価値を何よりも
重んじ宗教を規定してきた。祖先の文化を
知ろうと思ったら彼らの美と宗教を知らね
ばならぬ。

真と善に重視するヨーロッパ、浄の価値を
中心におく日本。

panse280
posted at 04:15

コメントする

名前
 
  絵文字