2019年01月05日

元禄文化

「日本国紀」(20)
百田尚樹  1956-
naoki hyakuta

2018.11.20 第3刷発行(幻冬舎)

<元禄文化>
書き写しから木版印刷になったおかげで
大量に絵も文字も作られた。
「好色一代男」は現代の価格では1万円
だが飛ぶように売れた。
家康は囲碁の師匠本因坊算砂を高禄を
与えて家元にした。算砂は信長の師匠
でもあり、信長が彼に「名人」という
称号を与えたことで「名人」という言葉
ができた。
江戸時代の庶民は知的な楽しみとして
数学を勉強した。世界を見渡しても
こんな庶民がいる国はない。

panse280
posted at 04:40

コメントする

名前
 
  絵文字