2018年12月23日

わび・さびの室町文化

「日本国紀」(10)
百田尚樹  1956-
naoki hyakuta

2018.11.20 第3刷発行(幻冬舎)

<わび・さびの室町文化>
わび・さびを象徴する存在が足利義政が
建立した銀閣だ。
1450年の建立した「龍安寺」の「足るを知る」
の思いは現代にも生かされている。

<応仁の乱>
日本史上これほど無意味な戦いはなかった。
大乱のきっかけは息子を将軍にしたいという
母のワガママな思いだった。
10年以上続いた応仁の乱は社会や制度を大きく
かえた。
大和朝廷誕生から続いていた伝統的な社会制度
や通念は応仁の乱によって一気に崩壊し、新しい
概念が生まれた。その意味では無意味な戦争で
あったが日本史に大きな影響をあたえた。

panse280
posted at 03:32

コメントする

名前
 
  絵文字