2018年12月20日

源義経の悲運

「日本国紀」(7)
百田尚樹  1956-
naoki hyakuta

2018.11.20 第3刷発行(幻冬舎)

<源義経の悲運>
頼朝が何よりも怒ったのは、義経が頼朝の
許可を得ずに、後白河法皇から位を得たこ
とであった。
後白河法皇は義経に頼朝追悼の許し与えるが
後には義経討伐の院宣を出す。
奥州の秀衡にかくまわれるも、秀衡が亡くなり
息子の泰時になった時、頼朝の追悼要請に
したがって義経を殺した。
頼朝は奥州の藤原氏を一度は義経をかくまった
反逆を許せずに滅ぼし、東北全域を支配した。

panse280
posted at 04:05

コメントする

名前
 
  絵文字