2018年12月11日

武蔵の画才

「宮本武蔵科学読本」(33)

MUSASHI研究会
( 主婦と生活社)

<武蔵の画才>
武蔵の死後177年たった1822年,渡辺崋山
が29歳のとき、骨董屋の店先にあった
一枚の絵に魅せられた。それは武蔵の
「枯木鳴鵙図」だった。貧乏な華山は
友人から金をかり、その絵を買い上げた。
大正4年の東京帝大の卒業式では臨席され
た天皇陛下が武蔵の絵をご覧になられた。
武蔵の絵がすでに高い評価を得ていた。

panse280
posted at 05:10

コメントする

名前
 
  絵文字