2018年11月27日

殺気

「宮本武蔵科学読本」(19)

MUSASHI研究会
( 主婦と生活社)

<殺気>
武蔵の眼光には生涯、殺気が満ちて
いた。壮年期以降の武蔵は求道者と
しての道を極め、いざというとき以
外は殺気を漂わせることはなかった
という。
しかし、武蔵がつとめて表情を柔和
にと心がけていたとしえも、眼光の
殺気だけは消しようがなかった。

panse280
posted at 04:01

コメントする

名前
 
  絵文字