2018年11月20日

宝蔵院の槍

「宮本武蔵科学読本」(12)

MUSASHI研究会
( 主婦と生活社)

<宝蔵院の槍>
薙刀が歴史に登場したのは1083年、
槍は1335年で僧たちは槍を武士が
用いる殺人の道具としえ軽蔑して
いた。
日本槍術の祖といわれる覚禅房胤栄
の名は当時武芸者の間では知らぬもの
はなかった。
胤栄は薙刀よりも槍のほうが武器とし
て優れていると判断して宝蔵院槍術
を確立した。
武蔵が胤栄と出会ったのは彼が84歳
の時だった。

panse280
posted at 04:58

コメントする

名前
 
  絵文字