2018年10月06日

質量、エネルギー

「E=mc2のからくり」(1)
山田克哉   1940- 
katsuya yamada

2018.2.20 1刷発行(ブルーバックス)

<質量、エネルギー>
1905年「物体の慣性はその物体の含むエネルギーに
依存するであろうか」と題する論文の中で初めて
言及された数式でアインシュタインの「特殊相対論」
の誕生とともに突如私たちの前に姿を現しました。

E=mc2は、量子力学が生み出したあらゆる粒子の
振る舞いを支配する法則=不確定性原理との協業に
よってさらなる不思議現象を生み出します。

panse280
posted at 03:56

コメントする

名前
 
  絵文字