2018年09月20日

戦争を変えたマレー沖海戦

「日本軍の戦い」(9)
日本戦史研究会

2018.8.8 1刷発行(宝島社)

<戦争を変えたマレー沖海戦>
真珠湾攻撃の2日後、イギリスの不沈艦
戦艦プリンス・オブ・ウェールズと
巡洋艦レパルスは、日本軍85機の攻撃機
によって沈められた。
これによって、大艦巨砲主義の時代は
おわり、以後空母、戦闘機の時代に入った。

イギリスのチャーチル首相は2隻の戦艦が
東洋の小国にあっさりと沈められたことに
衝撃を受けた。

panse280
posted at 07:23

コメントする

名前
 
  絵文字