2018年08月12日

どこも同じ

「幸福について」(28)
ショーペンハウアー1788-1860
鈴木芳子 訳

2018.1.20 初版発行(光文社古典新訳文庫)

<どこも同じ>
人間の生活はいかなる形をとっても、常に
同じ要素で出来ている。あばら屋でも宮廷
でも、修道院でも軍隊でも、どこで生活を
送ろうとも、本質的には同じである。

panse280
posted at 05:33

コメントする

名前
URL
 
  絵文字