2018年08月09日

沈黙

「幸福について」(26)
ショーペンハウアー1788-1860
鈴木芳子 訳

2018.1.20 初版発行(光文社古典新訳文庫)

<沈黙>
沈黙は賢明さを本質とし、言明は虚栄心を
本質とする。

処世術のすべては、さまざまな論拠をあげ
て、「沈黙」を説いてきた。

「秘密を口外しなければ、秘密は私の捕虜で
ある。秘密を漏らせば、私が秘密の捕虜となる」

「沈黙の木には平和の実がなる」

panse280
posted at 08:54

コメントする

名前
 
  絵文字