2018年07月14日

無病息災

「幸福について」(4)
ショーペンハウアー1788-1860
鈴木芳子 訳

2018.1.20 初版発行(光文社古典新訳文庫)

<無病息災>
何よりも相手の健康状態をたずね、お互い
の無病息災を祈るのは故なきことではない。

「収益や昇進、学問研究や名声のために、
ましてや好色や刹那的な享楽のために、
自分の健康を犠牲にするのは、愚の骨頂で
ある。」

panse280
posted at 08:51

コメントする

名前
URL
 
  絵文字