2018年06月15日

呼吸力は日本武道の要

「塩田剛三の世界」(3)
塩田剛三・塩田泰久
gouzo shiota 1915-1994
yasuhisa shiota 1952- 

2012.5.31 第2刷発行(海鳴社)

<呼吸力は日本武道の要>
私(塩田)は70歳をこえていますが、小柄で
筋肉もありませんが、若い者を投げ飛ばすの
は簡単です。私は呼吸力をつかっているのです。
この呼吸力は日本の武道が必ずもっていたものです。

呼吸力の根本には中心力があります。それは
身体の中心線を保つ力のことです。合気道では
まず、この軸を訓練します。

合気道は和の武道です。合気道の最高の技は相手に
敵愾心を放棄させることです。

敵を友とさえ思えるような心をやしなう修行が
合気道だといってもいいでしょう。

panse280
posted at 05:55

コメントする

名前
URL
 
  絵文字