2018年04月02日

日本は国そのものが神社

「人を楽にしてくれる国・日本」(6)
シンシアリー 1970年代韓国生まれ
sincereLEE
2018.2.23 第1刷発行(扶桑社)

<日本は国そのものが神社>
「日本ほど「神が隣にいる」感覚が社会全般に
広がっている国は、私が知っているかぎりでは、
ありません。」

「私が日本に来て、神を意識するようになったこと、
家の中で汚れを気にするようになったこと、街を
歩きながらゴミを拾うようになったこと、それら
は、お互いに影響しあうことだった。」

「そう、「日本は国そのものが神社」だったのです。
知らない人たちが、私を尊重していました。だから
私は街を歩きながら、それに感化され、前から考え
ていた「神様が隣にいる」を思い出し、それが
夢になって現れたのです。」

panse280
posted at 05:30

コメントする

名前
 
  絵文字