2017年11月26日

1975年の日本食が理想の食事

「昭和50年の食事で、その腹は引っ込む」」(2)
--1975年の日本食が理想の食事--
都築毅  1975-
tuyoshi tuzuki

2015.1.20 第1刷発行(講談社+α新書)

<1975年の人々>
もしタイムマシンにのって当時の街をあるけば、
すれ違う人に小太りや肥満が少なく、多くの人
がすっきりした体つきをしていることに、驚く
に違いない。1975年は、ほぼ理想的な体格なのだ。

当時の人は、今より食事事情が悪かったわけで
はない。それどころか、当時は戦後最も多く
カロリーを摂っていた。2005年の1.2倍の量だ。
これは何を意味しているだろうか。当時の
食事は、代謝をよくし、肥満をおさえる効果が
あった。

つまり今の食事を「スーパー和食」(1975年の
食事)に変えると、体重は6〜10Kgは痩せられる
ということです。

panse280
posted at 18:07

コメントする

名前
 
  絵文字