2017年10月09日

文章の伝わり方

「書く全技術」(2)
齋藤孝  1960-
takashi saito

2016.3.30 第1刷発行(KADOKAWA)

<自分が書く>
実は「書く」という作業は、深い思考力を
要求される非常に疲れる作業です。

思考力を磨くためには「書く」のが一番よい、
ということは解っているのですが、なかなか
書けないものです。

人は文章を読むとき、そこから書いた人の人格
を読み取ろうとするものです。
仕事相手としてどうだろうか、社会性はあるか、
面白い人間だろうか、という具合です。
文章は、正直です、パクった文章はそれなりに
相手に伝わるのです。

panse280
posted at 05:59

コメントする

名前
 
  絵文字