2017年08月23日

ルネッサンスの人間

「思想の歴史5 」(1)
--ルネッサンスの人間像-
野田又夫編

1970.8.25 初版発行(平凡社)

<ルネッサンスの人間>
1321年 ダンテ「神曲」
1412-31年 ジャンヌ・ダルク
(イングランドとの百年戦争で勝利、後イギリス軍
 によって火刑に処せられる) 
1445年 グーテンベルクの活字印刷
1506年 ダ・ヴィンチの「モナリザ」
1513年 マキャベリ「君主論」
1592年 モンテーニュ没す。
1595年 シェークスピア「ロミオとジュリエット」
1615年 セルバンテス「ドン・キホーテ」

ヨーロッパは中世にいたってはじめてイスラムの
世界と同格になった。

13世紀の初めまでの間に4回の十字軍がイスラム
世界に侵攻した。

中世において十字軍の兵士たちは相手のトルコ人
たちより野蛮であったし、メキシコやペルー人を
大量虐殺したスペイン人はモンテーニュのいうよう
に「悪魔のわざ」を行ったのである。

panse280
posted at 05:55

コメントする

名前
 
  絵文字