2017年08月17日

ストア思想

「思想の歴史3」(4)
--キリスト教会とイスラム-
服部英次郎編

1970.5.15 再版発行(平凡社)

<ストア思想>
ローマの法、政治思想に取り入れられたのは、
プラトンの「国家」であり、アリストテレス
の「政治学」であったが、特にストア派の
思想であった。

ストア思想がローマ人に好まれたのは、その
「義務思想」だった。
ローマの法が「世界法」となったのは、ストア
の普遍思想に負うところが大きかった。


panse280
posted at 07:24

コメントする

名前
 
  絵文字