2017年08月12日

中国2000年の思想

「思想の歴史2」(2)
--古代とインド-
貝塚茂樹編

1970.6.15 再版発行(平凡社)

<中国2000年の思想>
孔子の学説は2000年にわたって中国を
清朝の末期まで支配した。

儒教は孔子の死後約400年後、漢の国家
の正統の学問として公認され、老荘、法家、
墨家などの他思想は異端の学とされた。

一言でいえば、中国は思想は、中華人民共和国
までは、孔子と老荘に限られる。つまり、「為」
の孔子と「無為」の老荘。又、荘子の無為の哲学
の根本にあるのが「遊」と「道」である。

孔子(前552‐479年)
老子は紀元前6世紀の人物とされる。
荘子(前369年頃-前286年頃)

panse280
posted at 06:55

コメントする

名前
 
  絵文字