2017年07月28日

正義のために戦おうとする者へ

「思想の歴史1 ギリシャの詩と哲学」(13)
田中美知太郎編

1970.5.15 第5刷発行(平凡社)

<正義のために戦おうとする者へ>
ソクラテスは政治に関わることを拒否していた。
それをプラトンにこう説明している。

「現実社会の不義不正に抵抗して正義のために
戦おうとする者は、公人として生きていては
すぐに身を滅ぼすことになるから、私人として
生きるよりほかはないのだ。」

この説明により、プラトンは公人としての
職業を断念した。

ソクラテスとの交際からプラトンがどんな影響
をうけたかを、もっともよく理解するのには、
「饗宴」の後半にあるアルキビアデスの
ソクラテス賛美演説が参考になるだろう。
この告白はまたプラトン自身のものであったと
みてもよいからである。

panse280
posted at 07:45

コメントする

名前
 
  絵文字