2017年07月16日

ホメロス、恥の文化

「思想の歴史1 ギリシャの詩と哲学」(1)
田中美知太郎編

1970.5.15 第5刷発行(平凡社)

<ホメロス、恥の文化>
前8世紀中頃---

ホメロスの英雄たちは、「恥」におのれの
生死をかける。

ホメロスの世界は貴族の世界である。
彼らは、人間として「最上のもの」でなければ
ならない。

かって、「菊と刀」を書いた、ベネディクトは
キリスト教的欧米文化を「罪の文化」といい、
日本文化を「恥の文化」といった。

ホメロス的人間のなんと健康なことか。
泣き、怒り、憂いても、なんとさわやかで
あることか。

ホメロス的人間は行動的人間であり、「テュモス」
(行動への気魄)と「ノオス」(理性)の人である。

panse280
posted at 18:57

コメントする

名前
 
  絵文字