2017年07月15日

物質転送機

「シンギュラリティ・ビジネス」(5)
齋藤和紀  1974-
kazunori saito

2017.5.30 第1刷発行(幻冬舎新書)

<物質転送機>
いままで、書類はメールで送ることができました。
茶碗はメールでは送れませんでした。

それが、3Dプリンターの何億倍の進化によって、
原子レベルのプリントが可能になれば、
茶碗の情報を送れば、先方の3Dプリンターは
瞬時にプリントアウトが完了します。
まるで、物質を送ったように錯覚します。

近い未来では、物質と情報は同じものになります。

この進化スピードは、今は10倍/年かもしれませんが、
10年後には1億倍/年になるかもしれません。

その内に、家庭にある3Dプリンターで、ネット通販
で勝った「服の情報」から、洋服をプリントアウト
する時代がきます。

情報は「物」なのです。そこで改めて、言葉の
使い方を考えるかもしれません。


panse280
posted at 08:18

コメントする

名前
 
  絵文字