2017年06月29日

日本占領

「斉藤孝のざっくり!日本史」(20)
斉藤孝  1960-
takashi saito

2010.9.5 初版第1刷発行(祥伝社黄金文庫)

<GHQ>
日本は1945年から1952年までの7年間、GHQ
(連合国軍最高司令官総司令部)によって
占領されていました。

連合国軍はアメリカ、イギリス、中国、ソ連、
オーストラリア、オランダ、フランス、インド、
カナダ、ニュージーランド、フィリピン、後に
ビルマ、パキスタンの13カ国で構成されていま
した。

日本占領政策は、これら13カ国からなる「極東
委員会」で決まるのですが、これが動きだした
のは占領から半年過ぎが1946年2月26日。

アメリカは日本降伏以前から、日本については
かなり調べていて、この半年の間にGHQの重要な
改革のほとんどを実行に移していました。
そのため、「極東委員会」は、無力化した名目
上の最高機関になってしまいました。

1945年8/6 広島に原爆投下
   8/8 ソ連、日本に宣戦布告
   8/15 日本無条件降伏、終戦
   11/6 GHQ、財閥解体指令
   11/9 GHQ、農地改革発表
1946年 1/1 天皇、人間宣言

アメリカが他国よりもはやく日本に強制したのは、
「日本を再び強力な国にしないようにする」
の一点でした。財閥解体も農地改革も憲法もすべ
ての目的はその一点のためだけでした。

結果的にGHQに、ソ連もイギリスも加わることなく、
日本が分割されることなく今に至っています。

アメリカ国立公文書館に残っている資料によると、
予定では、北海道と東北はソ連、関東等はアメリカ、
四国は中国、九州はイギリス、首都23区は米英ソ中
の共同管理でした。

幸いにも、アメリカが押し切るかたちの占領に
なったことは不幸中の幸いでした。

panse280
posted at 17:56

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字