2017年05月20日

自然はどこにあるのか

「一葉舟」(1)
岡潔  1901-1978
kiyoshi oka

2016.3.25 改版初版発行(角川ソフィア文庫)

<自然はどこにあるのか>
「自然の中に心があると思おうと、心の中に
自然があると思おうと、どちらでもよい訳で
あろう。

ところが、明治以後の日本人は大体西欧の習慣
に従ってものを見ているから、前者を理性的と
思い、後者を宗教的と思うのである。

私は15年前までは、自然の中に心があると思って
きた。今は心の中に自然があると思っている。

自分の心の中にすべてがあるのだから、自分の為
の行為と、他のための行為との区別はないのである。
この点は便利である。」

panse280
posted at 08:39

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字