2017年05月14日

私の人生観

「春の草」(1)
岡潔  1901-1978
kiyoshi oka

2010.7.1 第1刷発行(日経ビジネス人文庫)

<私の人生観>
「私は純粋な日本人です。民族はそれぞれ
心のいろどりを持っています。このいろどりも
いずれ変わっていきます。
しかし実際は変わったとみえるようになるまで
には、十万年ぐらいはかかると思っています。

民族の色どりと、その心の色どりとが一致する
人を、私は純粋な日本人といっているわけです。
したがって国籍は関係ありません。

もっとも私が日本人の自覚を得たのは1932年、
フランスから帰国して、芭蕉や道元を知ってから
です。

私はいま日本にいるので、日本のいろいろな
心配事の方が自分の周辺よりもよほど心配に
なります。

私が見るに、この先日本が立ち直るのに、十分
100年はかかります。それから国内を整備するのに
もう100年。

私のすることはまず紙に書くことと、次にそれを
できるだけ多くの人の目にふれるように発表する
こと、せいぜいそれについて講演することと、
これだけしか手段はない。

各人それぞれの場でやってほしい。これよりほか
に手段がないということをいっているのです。」

panse280
posted at 06:59

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字