2017年03月19日

零式戦闘機

「零式戦闘機」(1)

吉村昭  1927-2006
akira yoshimura

2013.6.10 第51刷発行(新潮文庫)

<零式戦闘機>
三菱名古屋製作所の首脳部は設計主務者に、
30歳に満たない堀越二郎を任命した。

堀越たちの機の重量を軽くするために努力は、
異常なのもがあった。1gでも軽いものを、という
執念が、独創的な設計になった。

奥行きの深い航空工業技術は、決して短い年月の
間に急速な進歩をみせるものではない。
日本の工業技術は、世界水準にも達せず、当然、
日本の航空機は、きわめて程度の低い質のものと
考えられていた。

そうした彼らの前に、忽然とあらわれたのが零式戦闘機
だった。彼らにとっては、その日本戦闘機を、確実に
そしてすべてを粉々に砕き散らすことができるはずだった。
しかし、それは全く信じがたい現象だった。

panse280
posted at 08:29

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字