2017年02月25日

メタボ対策

「腰割り」(4)
トレーニングに隠された
すごい秘密
一ノ矢 ichinoya(最年長力士の記録をもつ)   
平成19年、46歳11ヶ月で引退
序二段優勝2回

2010.4.15 第3刷発行(実業之日本社)

<メタボ対策>
腰割りは、バランスよく筋肉が使われる
ので、太りすぎの人も自然にやせ、引き
締まった太りにくい体になります。

テッポウも柱を押す手はまったく使って
いません。足で押している感じです。
このテッポウをやると、ラグビー選手なら
相手が吹っ飛びますよ。

今、アスリート界(野球、水泳、ゴルフ
スケート等など)では、「腰割」が盛ん
に行われています。

「腰割」が「スクワット」よりもいいのは、
膝に力が入らないから、膝をいためること
もなく、副交感神経を刺激しますから、
「スクワット」(交感神経を刺激)と違い、
運動が楽しくなることです。

「腰割」は足を開いたスクワットといえる
かもしれません。足を開くだけで、股関節
だけではなく多くの筋肉を柔軟にし、体が
活性化します。

panse280
posted at 06:59

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字