2017年01月30日

米国型リベラル日本上陸

「日本は世界の悪を撃退できる」(7)


トニー・マラーノ tony marano 1949-

2016.10.27 第1刷発行(産経新聞出版)

<米国型リベラル日本上陸>
和歌山太地町で数百年前から行われている
伝統的な小型鯨類の追い込み漁が、2015年9月
に解禁された。
海外から動物愛護団体や反捕鯨活動家が来日
している。

2014年5月、和歌山地裁にオーストラリアの
女性ジャーナリストが太地町に約700万円の
慰謝料を請求した。

「町立くじらの博物館」入場を断られた為だ。
博物館側は、「混乱を避けるための措置」と
説明した。

女性ジャーナリストは提訴直後、有楽町の日本
外国特派員協会で記者会見を開いた。
太地町のイルカ漁を隠し撮りして批判的に描い
た映画「ザ・コーヴ」に出演した、イルカ保護
活動家も同席していた。

panse280
posted at 09:02

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字