2017年01月10日

上田万年

「日本語を作った男」(2)

山口謠司 youji yamaguchi 1963-

2016.6.7 第2刷発行(株式会社集英社)

<上田万年>
上田万年(1867-1937)言語学者、国語学者、
東京帝国大学国語研究室初代主任教授、
国語調査委員会主事。東京帝国大学名誉教授。
ドイツに官費留学し言語学を修める。弟子に
「広辞苑」の新村出などがいる。

上田万年はこの本の主役ではあるが、今、彼を
知る人は殆どいない。彼は歴史にのこるような
悲劇もなく、幸せな人生だった。
彼は漱石誕生の2日後に、場所も目と鼻の先に
生まれた。

百年後にも読まれ続けている「吾輩は猫である」
を漱石に書かせたのは、新しい日本語を創ろうと
した言語学者・上田万年である。

万年なしに「漱石」は生まれてこなかった。

panse280
posted at 18:57

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字