2016年09月30日

アメリカのやった事

「米占領軍に消された戦前の日本」(1)
--GHQ焚書図書開封--

西尾幹二 1935-
kanji nishio

2010.8.10 発行(徳間書店)

<アメリカのやった事>
占領中の相手国の憲法をつくってはいけない
というのは国際法です。
新聞、雑誌、放送内容の検閲や私信の開封、
相手国の歴史を消すこと、本の発禁、禁書
もやってはいけません。
それらを大規模にやったのがアメリカです。

アメリカはこれらの焚書を「没収宣伝用刊行物」
と呼びました。

皇室の財産は大半が没収され、天皇の教育係
にはクウェーカー教徒のアメリカ婦人がつき
ました。

panse280
posted at 11:47

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字