2016年09月20日

オーストラリア

「地球侵略の主役イギリス」(20)
--GHQ焚書図書開封10--

西尾幹二 1935-
kanji nishio

2014.12.31 発行(徳間書店)

<オーストラリア>
イギリスはアメリカの独立戦争までアメリカへ
多くの囚人を送り込んでいました。
しかし、アメリカ独立後はそういうことが出来
ませんから、今度はアフリカへ送りました。
しかし、いくら囚人とはいえ、アフリカの環境
は劣悪だったので、今度はオーストラリアへ
送りました。

未開の先住民のところへ犯罪者達を送りこんだら
何が起こるか想像できます。

とりわけ悲惨だったのはタスマニア島の住人でした。
虐殺に虐殺が繰り返され、先住民は一人も残らず
亡ぼされて、絶滅しました。

オーストラリア本島の先住民も1/20ぐらいに
人口が減りました。

オーストラリアの「白豪主義」は白人であれば
いいというわけではありません。
人口の97%までイギリス人もしくはイギリス人の
子孫かユダヤ人です。

オーストラリア人の嫌らしさは「反捕鯨」にも
表れていますが、彼らは日本嫌いで有名なのです。
彼らは優秀な黄色人種を一番嫌うんです。

panse280
posted at 10:31

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字